【赤ら顔】出力10で再び腫れた…!【ダウンタイム11回目】

スポンサーリンク
筆者
筆者

11回目のダウンタイムで

また大きな影響が出ました。

 

この記事では、生まれつきの赤ら顔に

悩まされて10年以上の筆者が

「11回目のレーザー治療のダウンタイム」

について書いていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

11回目のダウンタイム

筆者 右頬

こちらの画像は11月14日の

レーザー治療から1日後の肌の状態です。

 

全体的に腫れているのが分かるでしょうか?

 

もみあげの部分は腫れたりしていないのですが

他が腫れているせいで

逆にへこんでいるかのように見えます。

 

また、まぶたの部分も腫れていて

若干周りが見えづらいような状態でもあります。

 

瞼の部分にはレーザーは当てられないのですが

頬の腫れが瞼まで来ているような感じ。

 

正直これまでで

一番腫れているような状態なのですが

やはり出力10はすごいということですかね…。

 

と言っても

前回から出力が0.5上がっただけなので

よく考えると出力が10になったから

とかではなさそう。

 

基本的に出力は0.5~1ずつなど

少しずつ上がっていく感じなので

わずかな差や治療の積み重ねで

腫れの症状が出るのかもしれません。

 

最後に

ということで

Vビーム11回目にして最大の副作用が出ました。

 

最終的に

この大きな腫れは4日ほど続いて

赤みが増した状態や

むくみっぽい腫れなどが完全に消えるまでは

1週間ほどかかりました。

 

頬の腫れは

元々覚悟しているものでもありますし

マスクで隠すことができるので

そこまで問題ではないのですが

今回はまぶたにも大きな腫れの症状が

出てしまいました。

 

瞼はさすがに隠すことはできないので

辛い副作用になりましたね。

 

副作用にはそういったものもあると

考えておくと良いかもしれません。

 

次回、最後になるVビーム記事は

12月の半ば頃に更新予定です。

 

 

次回はこちら▽

 

筆者
筆者

少しでも参考になれば幸いです。

 

 

その他の回はこちらから▽

 

 

 

 

 

【解説】赤ら顔の原因・症状・対策法とは。

akaragao blogでは、赤ら顔の原因・症状別に

治すための知識や効果的な商品を紹介しています。

 

症状によって、有効な対策も変わってくるので

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

赤ら顔の私がおすすめする化粧水3選

赤ら顔を改善するために

必須となるのがスキンケアですよね。

 

しかし「どのようなスキンケアアイテムを

使えば良いか分からない!」という人もいるはず。

 

そこで赤ら顔の私が実際に使ってみて

症状別におすすめの化粧水を3つ選んでみました。

 

よければチェックしてみてください。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

【赤ら顔】皆が見ている人気の記事って?

おかげさまで、ブログ内の記事数が

100を突破しました。

 

そこで、100記事を達成した時点での

人気記事TOP10についてまとめてみました。

 

皆が見ている人気の記事はどんなものなのか?

ぜひチェックしてみてください!

 

✓リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました