冷えのぼせを食事で改善するには【摂り入れたい食べ物まとめ】

スポンサーリンク

冷えのぼせを食事で改善するには

どんなものを食べると良いの?

こんな疑問に答えます。

 

この記事では、実際に冷えのぼせに悩まされていた

筆者が、「冷えのぼせを食事で改善するには」に

ついてを始め、食べると良い食べ物についても

解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

冷えのぼせを食事で改善するには

冷えのぼせとは、冷え症の1つで

通常の冷え症よりも悪化した状態です。

 

冷え・冷えのぼせの原因は

自律神経じりつしんけいの乱れにあると考えられます。

 

自律神経が乱れて、交感神経こうかんしんけいが優位になることで

身体全体の血流が悪くなり、手足の冷えや

冷えのぼせが起こる原因になります。

 

✓関連記事

 

そんな冷えのぼせを食事で改善するには

「体を温める食べ物」と「血行を良くする食べ物」

を積極的に摂取すると良いでしょう。

 

体を温める食べ物

体を温める食べ物を摂り入れることで

体の内側から温めることができ

冷えのぼせの症状を抑えることができます。

 

では、体を温めてくれる食べ物には

どのようなものがあるのでしょうか。

 

順番に見ていきましょう。

 

体を温める野菜

  • ショウガ
  • にんじん
  • かぼちゃ
  • じゃがいも
  • レンコン
  • ごぼう
  • 玉ねぎ
  • 大根

 

主に地中で育つ野菜である

根菜類こんさいるい」は体を温めてくれます。

 

また、唐辛子などの香辛料も体を温めますが

人によっては、ほてりの原因にもなるので

私はあまりおすすめしません。

 

体を温める果物

  • さくらんぼ
  • りんご
  • ぶどう

 

主に寒い地域でとれる果物は体を温めてくれます。

 

甘い果物で体を温めたい!という時は

手に入れやすいりんごがおすすめです。

 

体を温める加工食品

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • キムチ
  • 味噌
  • 納豆

 

加工食品で体を温めたい時は

発酵食品を選ぶと良いでしょう。

 

発酵食品には体の代謝を良くする

酵素が入っているため、発酵食品は体を温めます。

 

体を温める飲み物

  • 紅茶
  • プーアル茶
  • ウーロン茶
  • タンポポ茶
  • タンポポコーヒー
  • ゴボウ茶
  • ココア
  • 黒豆茶
  • 赤ワイン
  • ショウガ湯

 

これらの飲み物は、発酵しているか、地中で育った

ものから作られているため、体を温めてくれます。

 

なかなか食事を変えることができない!という人は

飲み物だけでも体を温めるものに変えることで

冷えを対策することができます。

 

血行を良くする食べ物

冷えのぼせの原因は、血の巡りの悪さにあるため

血行を良くする食べ物を摂取することで

血の巡りが良くなり、冷えのぼせの症状を

抑えることができます。

 

血行を良くする食べ物は、以下の通り。

 

  • 大豆
  • 納豆
  • 白菜
  • キャベツ
  • たまねぎ
  • にんにく
  • ジャガイモ
  • カリフラワー

 

血行を良くする食べ物は

白っぽいモノに多い傾向にあります。

 

たまねぎやにんにくに含まれるアリシンは

血液が固まるのを抑制する働きがあり、

 

納豆に含まれる、ナットウキナーゼには

血栓にアプローチし、血栓を溶かす作用や

溶かす働きのある物質を活性化する働きがあります

 

その他にも、抗酸化作用のあるビタミンC・Eを

多く含む、野菜や果物を摂取するのも有効です。

 

✓関連記事

 

血行を良くすることは、冷えの対策以外にも

栄養素や薬の成分がしっかりと身体全体に

届くようになるので、健康や美肌の効果もあります

 

筆者
筆者

つまり、一石二鳥。

いえ、それ以上の効果が

期待できます。

 

まとめ

今日から、体を温める食べ物や血行を良くする

食べ物を積極的に摂り入れてみましょう。

 

即効性はないかもしれないですが

徐々に効果が出てくるはずです。

 

筆者
筆者

個人的には、どちらの効果もある

納豆がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

【簡単に解説】自律神経の乱れとは

よく「自律神経の乱れ」という言葉を耳にしますが

自律神経の乱れとはどういう状態なのでしょうか。

 

よく分からないままでは対策のしようもないので

しっかりと理解しておきましょう。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

【簡単に解説】交感神経とは

自律神経には交感神経こうかんしんけい

副交感神経ふくこうかんしんけいの2つがあります。

 

では、交感神経にはどんな働きがあり

どんな時に活発に働くのでしょうか。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

【簡単に解説】副交感神経とは

身体がリラックスするために

重要な副交感神経ふくこうかんしんけいですが

どのようなことを意識することで

働きを良くすることができるのでしょうか。

 

知っておくことで

より健康に過ごせるようになるかもしれません。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

簡単に自律神経を整えることのできる飲み物

自律神経を整えてくれる成分には

GABAやビタミンB6

トリプトファンなどがありますが

手軽に摂り入れることはできないのでしょうか。

 

探してみたところ全ての成分が入っている

ピッタリな飲み物を見つけました。

 

よければこちらの記事で紹介しているので

チェックしてみてください。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

自律神経を整えるサプリ

自律神経を整えるための成分を

手軽にサプリで摂り入れたい

という人もいるでしょう。

 

しかし、自律神経を整えるためには

どのサプリを選べばいいのでしょうか。

 

そんな人のために

おすすめのサプリを選んでみました。

 

ぜひチェックしてみてください!

 

✓リンク
この記事を書いた人
先天性 赤ら顔 20代 男
赤羅 未弦

赤ら顔について10年以上調べていた経験をもとに記事を更新中。

ここのところで赤ら顔のかなりの改善に成功しています。

肌の様々なことには通じるものがあると考え
いろいろ調べて書いています。

赤羅 未弦をフォローする
冷えのぼせ
スポンサーリンク
赤羅 未弦をフォローする
akaragao blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました