【解説】酒さとは何なのか。症状や他の赤ら顔との違いは?

スポンサーリンク

酒さってどういうものなの?

酒さの症状には

種類があるって本当?

こんな疑問に答えます。

 

この記事で分かること

・酒さとは

・酒さの症状の種類

・他の赤ら顔との違い

・酒さの治療法

 

この記事では、赤ら顔に悩み続けて10年以上の

筆者が、酒さとはどういうものなのかを始め

酒さの症状の種類などについて解説していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

酒さとは

酒さしゅさ」は慢性皮膚疾患まんせいひふしっかんのひとつで、幅広い年齢の

方に症状がみられますが、特に発症しやすいのは

30代以降と言われています。

 

顔の様々なところに赤みやかゆみ、ほてりなどの

症状が出て、赤みが引いていかないことが

その特徴になります。

 

「酒さ」は症状の判断が難しく、医師であっても

診断が難しいと言われています。

 

「酒さ」は未だに原因などが分かっておらず

複数の原因が合わさって、症状につながっている

ことも多いようです。

 

そのため、「酒さ」と診断されて、治療を始めても

完治するまでに長い時間が掛かることもあります。

 

まずは、自分の症状や可能性のある原因について

考え、そのうえで医師の方と改善するために

考えていくことが改善への近道になります。

 

酒さの症状の種類

酒さは症状の進行状況によって、第Ⅰ度から

第Ⅲ度までの3段階に分けて診断されます。

 

ただ、かならず最初の第Ⅰ度から発症し、第Ⅱ度

第Ⅲ度と進行するわけではなく、人によっては

発症した時点で、第Ⅲ度の症状が出る場合もあります。

 

紅斑性酒さ(第Ⅰ度)

紅斑性酒さこうはんせいしゅさは、鼻・額・頬などに原因不明の赤みが

現れ、消えなくなることから始まります。

 

そして、化粧品や石鹸などの軽い刺激でも

ヒリヒリする敏感肌になってしまいます。

 

また、拡張した毛細血管の赤みが透けて見えたり

顔のほてりなどを感じることもありますが

酒さの中では一番軽い症状になります。

 

酒さ性痤瘡(第Ⅱ度)

紅斑性酒さ(第Ⅰ度)の症状に加えて、湿疹が現れる

のが酒さ性痤瘡しゅさせいざそう(第Ⅱ度)です。

 

見た目は大人ニキビのようで、化膿した膿疱のうほう

できることもありますが、赤みや湿疹の出る部位が

どんどん広がっていきます。

 

鼻瘤(第Ⅲ度)

鼻瘤びりゅう(第Ⅲ度)は、鼻や頬を中心に膿疱が悪化した

ような腫瘤しゅりゅう状のコブができます。

 

毛穴が開き、炎症を繰り返すことで肌がどんどん

硬くなっていきます。

 

鼻瘤(第Ⅲ度)は遺伝体質や過剰な量の皮脂などが

原因で、飲酒や胃腸のトラブルでも発症すると

言われています。

 

筆者
筆者

ちなみに(第Ⅰ度)と(第Ⅱ度)は

女性に多く、(第Ⅲ度)は男性に

多い症状とされています。

 

眼型酒さ(眼合併症)

酒さの中でももっともまれなタイプ

眼瞼・眼球結膜の充血や炎症を伴います。

 

赤み・ほてりなどの皮膚症状を伴うこともあれば

皮膚症状を伴わずに、眼の症状だけが現れることも

あります。

 

他の赤ら顔との違い

酒さと症状が似ているため、よく間違われる

赤ら顔が3つほどあります。

 

毛細血管拡張症

正直、第Ⅰ度の酒さと

毛細血管拡張症もうさいけっかんかくちょうしょうは見分けがつきません。

 

これは、医師の方でも判断が難しいものです。

 

毛細血管拡張症の場合は、かゆみやニキビのような

湿疹ができないため、酒さが第Ⅱ度まで進行して

始めて、違いに気付くことができます。

 

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎しろうせいひふえんも鼻や頬を中心に、赤みやニキビなど

が長期間にわたって消えないことがあり、酒さと

似たような症状が出ます。

 

しかし、脂漏性皮膚炎の場合は、顔以外にも症状が

出ることが多く、もし、頭皮やわきの下などにも症状

が出るなら、脂漏性皮膚炎の可能性が高いと思われ

ます。

 

酒さ様皮膚炎

酒さ様皮膚炎しゅさようひふえんは、酒さと症状が似ていて

見分けることがとても難しいです。

 

しかし酒さ様皮膚炎は別名「ステロイド性皮膚炎」

と呼ばれ、原因がステロイド剤の長期使用の副作用

と判明しています。

 

ただ、実際は酒さと酒さ様皮膚炎の両方が発症して

いる場合もあり、その場合は、ステロイドの使用で

改善されず、ステロイドの使用中止で症状が悪化す

るなら酒さ様皮膚炎。

 

逆にステロイドをやめても、特に変化がないなら

「酒さ」と判断されることもあるようです。

 

酒さの治療法

基本的には、医師の判断で処方された外用薬と

内服薬を使っての治療になります。

 

ただ、それだけではなく、酒さにつながると言われ

ている原因を改善することが、治療にもつながると

思われます。

 

✓関連記事

 

まとめ

酒さの治療には時間が掛かることが多いです。

 

しかし、医師としっかり相談し、セルフケアも

行うことで、少しでも早く治療することが

できるかもしれません。

 

そのために生活習慣を整えて

肌に優しい生活を心掛けましょう。

 

筆者
筆者

ストレスにならないように

神経質になり過ぎないのも大切です。

 

 

 

 

 

 

【解説】赤ら顔の原因・症状・対策法とは。

akaragao blogでは、赤ら顔の原因・症状別に

治すための知識や効果的な商品を紹介しています。

 

症状によって、有効な対策も変わってくるので

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

✓リンク

 

 

 

 

効果あり:酒さにおすすめのスキンケアアイテム

酒さを改善するために

必須となるのがスキンケアです。

 

でも、どんなスキンケアアイテムを使うのが

良いのか分からない!という人もいるはず。

 

そんな人のために

赤ら顔の筆者が実際に使ってみて

良かったものを4つほど紹介しています。

 

✓リンク

 

 

 

 

【赤ら顔】皆が見ている人気の記事って?

おかげさまで、ブログ内の記事数が

100を突破しました。

 

そこで、100記事を達成した時点での

人気記事TOP10についてまとめてみました。

 

皆が見ている人気の記事はどんなものなのか?

ぜひチェックしてみてください!

 

✓リンク
この記事を書いた人
先天性 赤ら顔 20代 男
赤羅 未弦

10年以上赤ら顔について調べ続けた
経験を基に記事を書いています。

ニキビ、顔のほてり・のぼせは
ありがたいことにほぼ完治。

顔の皮膚の薄さによる赤ら顔も
大幅な改善に成功しています。

赤羅 未弦をフォローする
赤ら顔知識
スポンサーリンク
赤羅 未弦をフォローする
akaragao blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました