【解説】冬の赤ら顔の治し方とは【6つの方法があります】

スポンサーリンク

冬の赤ら顔はどうやって

治したらいいの?

こんな疑問に答えます。

 

この記事では、赤ら顔に悩まされて10年以上の

筆者が「冬の赤ら顔の治し方」について

解説していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

冬の赤ら顔の治し方とは

普段は赤ら顔じゃないのに

冬だけ症状が出る!という人もいるかと思います。

 

その原因は、暖房の有無による気温差や

冷えによるものが主になります。

 

では、冬の赤ら顔を予防・治すためには

どのようなことを意識すればいいのでしょうか。

 

服装を工夫する

暖房の有無の対策として

少し服装を工夫してみましょう。

 

外出する時に

身体は暖かい服装をしようと考えますが

顔はそのままで冷気に晒されることも

多いかと感じます。

 

顔が激しい気温差に晒されると

毛細血管の拡張・縮小も激しくなるため

赤ら顔の原因になり

慢性的に症状が出るようになることも。

 

対策としては、頬の部分までマフラーをするなど

なるべく気温差を少なくすること。

 

人の身体は7℃までの

気温差にしか対応できないため

しっかりとした対策が重要になります。

 

筆者
筆者

激しい気温差は

毛細血管拡張症の原因の1つ

と考えられています。

 

お風呂に入る

人によっては

シャワーだけで済ませてしまう人もいますが

冷えを予防・改善するためには

しっかりとお湯につかることも大切です。

 

汗をかかない程度のお湯にゆっくりつかることで

自律神経の副交感神経が優位になり

手足などの身体のはじまで血管が拡張することで

全身の血流がよくなります。

 

筆者
筆者

時間の目安は10分くらい。

リラックス効果もあるので

ストレス解消にもなります。

 

体を温めてくれる食べ物を摂取する

冷たい食べ物はなるべく控えて

逆に体を温めてくれる物を

食べるように意識してみましょう。

 

体を温める食べ物を摂り入れることで

体の内側から温めることができ

冷えのぼせの症状を抑えることができます。

 

また、合わせて血行を良くする食べ物を

摂取することで血の巡りが良くなり

のぼせて顔が赤くなることが

少なくなるかと思います。

 

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

 

適度な運動をする

筋肉量を減らさないためにも

適度な運動をするようにしましょう。

 

…と言ってもなかなかできないのが現実。

 

ただそんな時でも、毎日ストレッチをする

くせだけは付けるようにしましょう。

 

特に、ふくらはぎのストレッチや

マッサージをしてあげることが重要です。

 

というのも、ふくらはぎの筋肉には

「ミルキングアクション」という

血液の循環機能じゅんかんきのうがあります。

 

この機能が衰えていると、下半身に溜まっている

血液が心臓に戻りにくくなるため

下半身や足先が冷えやすくなるのです。

 

そのため、冷えを改善するためにも

寝る前にストレッチをするなどの行動を

習慣にするように意識しましょう。

 

筆者
筆者

運動不足が冷えにつながるのは

ふくらはぎの筋肉が減る。

というのも1つの理由です。

 

自律神経を整える

自律神経の乱れは、顔のほてりを始めとした

赤ら顔の原因になります。

 

症状が出てから自律神経を急に整える

というのは難しいので

普段から自律神経を整えるような

生活習慣を意識することが大切です。

 

詳しくはこちらの記事で解説しています。

 

冷えを改善する商品を使う

足の冷えを改善してくれる商品を使うことで

冷えのぼせや顔のほてりを抑えることができます。

 

冷えを改善してくれる商品には

様々なものがありますが

個人的には、足首に巻くだけで

遠赤外線で足を温めてくれる

「遠赤外線フリーバンド」をおすすめしています。

 

詳しくはこちらの記事で解説しています。

 

まとめ

では、まとめです。

 

・冬の赤ら顔の原因を避けよう

・服装を工夫しよう

・お風呂に入ろう

・食べ物で体を温めよう

・適度な運動をしよう

・自律神経を整えよう

・冷えを改善する商品を使おう

 

筆者
筆者

少しずつ始めてみましょう。

 

 

 

 

 

 

【解説】赤ら顔の原因・症状・対策法とは。

akaragao blogでは、赤ら顔の原因・症状別に

治すための知識や効果的な商品を紹介しています。

 

症状によって、有効な対策も変わってくるので

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

 

【簡単に解説】自律神経の乱れとは

よく「自律神経の乱れ」という言葉を耳にしますが

自律神経の乱れとはどういう状態なのでしょうか。

 

よく分からないままでは対策のしようもないので

しっかりと理解しておきましょう。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

【簡単に解説】交感神経とは

自律神経には交感神経こうかんしんけい

副交感神経ふくこうかんしんけいの2つがあります。

 

では、交感神経にはどんな働きがあり

どんな時に活発に働くのでしょうか。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

【簡単に解説】副交感神経とは

身体がリラックスするために

重要な副交感神経ふくこうかんしんけいですが

どのようなことを意識することで

働きを良くすることができるのでしょうか。

 

知っておくことで

より健康に過ごせるようになるかもしれません。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

簡単に自律神経を整えることのできる飲み物

自律神経を整えてくれる成分には

GABAやビタミンB6

トリプトファンなどがありますが

手軽に摂り入れることはできないのでしょうか。

 

探してみたところ全ての成分が入っている

ピッタリな飲み物を見つけました。

 

よければこちらの記事で紹介しているので

チェックしてみてください。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

自律神経を整えるサプリ

自律神経を整えるための成分を

手軽にサプリで摂り入れたい

という人もいるでしょう。

 

しかし、自律神経を整えるためには

どのサプリを選べばいいのでしょうか。

 

そんな人のために

おすすめのサプリを選んでみました。

 

ぜひチェックしてみてください!

 

✓リンク
この記事を書いた人
先天性 赤ら顔 20代 男
赤羅 未弦

10年以上赤ら顔について調べ続けた
経験を基に記事を書いています。

ニキビ、顔のほてり・のぼせは
ありがたいことにほぼ完治。

顔の皮膚の薄さによる赤ら顔も
大幅な改善に成功しています。

赤羅 未弦をフォローする
赤ら顔知識
スポンサーリンク
赤羅 未弦をフォローする
akaragao blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました