【解説】菲薄化とは【皮膚が薄くなる3つの原因と改善法】

スポンサーリンク

菲薄化って何のこと?

菲薄化の原因や改善するために

できることって?

こんな疑問に答えます。

 

この記事では、生まれつき皮膚が薄く、赤ら顔の

筆者が、菲薄化とは何なのかについてを始め

原因や改善法について解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

菲薄化とは

菲薄化ひはくかとは、皮膚が薄くなること。

 

原因となるものはいくつかありますが

最も影響を与えるのは、女性ホルモンの低下です。

 

女性ホルモンは

20代をピークに減少していきます。

 

女性ホルモンが減少することで、肌の真皮層しんぴそう

コラーゲンやエラスチンの作られる量が減るため

皮膚が薄くなってしまいます。

 

皮膚が薄くなることで、肌の水分量が減り

肌のバリア機能も低下するため、炎症などの

肌トラブルが起きやすい肌になってしまいます。

 

菲薄化の原因

女性ホルモンの減少を始めとする、菲薄化の原因

としては、どのようなものがあるのでしょうか。

 

順番に見ていきましょう。

 

肌のこすり過ぎ

スキンケアの時に

肌をゴシゴシと擦ったりしてはいませんか?

 

肌をゴシゴシとこすったり、過度なマッサージを

続けることで、肌の角層にダメージがおよびます。

 

肌にダメージが及ぶと、表皮が削れてしまう

だけでなく、肌がそのダメージを補おう

としてターンオーバーのサイクルを早めます。

 

すると、育ち切っていない未熟な角質層が

積み上がっていき角質層が薄くなっていきます。

 

その結果、肌全体が薄くなり

刺激に敏感な肌になってしまうことも。

 

ただこれは、元々の皮膚の厚みや、皮膚の回復力、

皮膚へのダメージを与える行為をどれほどの頻度で

行ったかなど、様々な要因があるので

人によって肌が薄くなるのが早い人もいれば

ある程度 歳を重ねてから症状が出る人もいます。

 

筆者
筆者

また、ステロイドの長期使用の

副作用で皮膚が薄くなる人も

いるようです。

 

女性ホルモンの減少

女性ホルモンは、男女関係なく人の体に存在する

非常に大事な成分になります。

 

しかし年齢を重ねると、どうしても

女性ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

 

女性ホルモンの『エストロゲン』が減ることにより

肌弾力の元になる、コラーゲンやエラスチンの量が

減ってしまい、肌細胞を作る力も弱くなるので

結果的に真皮層も薄くなっていきます。

 

そのため、皮膚自体が薄くなってしまいます。

 

筆者
筆者

真皮層が薄くなると

それに影響されて、表皮側も

薄くなってしまいます。

 

生まれつき

菲薄化、皮膚が薄くなるという意味では

少し違いますが生まれつき皮膚が薄い人もいます。

 

原因としては、遺伝が多いとされています。

 

特徴として、色白で日焼けをしても

肌が赤くなるだけ。というタイプが多いようです。

 

菲薄化を改善・予防するには

菲薄化の改善・予防するためには

できることが3つあります。

 

優しく・丁寧にスキンケアをする

肌に刺激を与えないように

優しく・丁寧にスキンケアをしましょう。

 

これは、肌をこれ以上薄くしないためと

角質層をしっかりと育てるためです。

 

クレンジング

クレンジングを行う時に、しっかりメイクを

落とそうと、肌をこすってはいないでしょうか?

 

クレンジングを行う時でも

肌をゴシゴシとこするのはNGです。

 

じゃあ、どうすればいいの?

クレンジング剤を

ハンドプレスで優しく馴染ませましょう。

 

しっかり馴染んだら、常温または

少しぬるめのお湯で優しくすすぎます。

 

この後の洗顔も合わせれば

大体のメイクは十分に落ちます。

 

もし、この方法では落としきれない!というほど

濃いメイクの場合は、肌への負担もかなり大きく

なっています。

 

できれば、こすり洗いをしなくても良い程度の

メイクに変更することをおすすめします。

 

洗顔

洗顔をするときは、泡立てネットでしっかり泡立て

たっぷりの泡で肌に刺激を与えないように

洗うのがポイント。

 

手で洗うというより、泡で洗うという

イメージで、優しく洗顔しましょう。

 

洗い終わったら、常温または

少しぬるめのお湯で優しくすすぎます。

 

最後に清潔なタオルでゴシゴシと拭くのではなく

顔を押さえるようにして、水分を拭き取ります。

 

保湿

洗顔後の肌は、とても乾燥しやすい状態です。

 

乾燥も肌の菲薄化を含む、肌の老化の原因に。

 

洗顔が終わったら、すぐに保湿をしてあげましょう

 

保湿をする時も、優しく丁寧に。

 

ハンドプレスで優しく馴染ませましょう。

 

バリア機能を高める成分を取り入れる

ヒト型セラミドなど、バリア機能を高めてくれる

成分を取り入れるのも有効な手段です。

 

肌のバリア機能がしっかりと働くことで

紫外線や摩擦、乾燥した空気などの刺激から

肌を守ってくれて、菲薄化や肌トラブルが

起こりにくくなります。

 

✓関連記事

 

ホルモンバランスを整える

女性ホルモンの『エストロゲン』が低下することは

菲薄化に最も影響を与えます。

 

しかし、年齢と共に女性ホルモンの分泌が減るのは

誰にでも起こる、避けようのないことです。

 

ではどうしようもないのか。

と言うとそういうわけでもありません。

 

世の中には、『エストロゲン』と同じ働きを

してくれる成分や、ホルモンバランスを整えて

くれる成分があります。

 

そういった成分を積極的に摂り入れることで

菲薄化を抑えることができます。

 

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

 

まとめ

菲薄化を改善するには、特に長い目で見て

ゆっくりと改善していくしかないです。

 

大切なのは、肌への刺激を抑えること。

 

まずは、スキンケアの見直しから始めてみては

いかがでしょうか。

 

筆者
筆者

合わせて、生活習慣の乱れも

気を付けるようにしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

【簡単に解説】自律神経の乱れとは

よく「自律神経の乱れ」という言葉を耳にしますが

自律神経の乱れとはどういう状態なのでしょうか。

 

よく分からないままでは対策のしようもないので

しっかりと理解しておきましょう。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

【簡単に解説】交感神経とは

自律神経には交感神経こうかんしんけい

副交感神経ふくこうかんしんけいの2つがあります。

 

では、交感神経にはどんな働きがあり

どんな時に活発に働くのでしょうか。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

【簡単に解説】副交感神経とは

身体がリラックスするために

重要な副交感神経ふくこうかんしんけいですが

どのようなことを意識することで

働きを良くすることができるのでしょうか。

 

知っておくことで

より健康に過ごせるようになるかもしれません。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

簡単に自律神経を整えることのできる飲み物

自律神経を整えてくれる成分には

GABAやビタミンB6

トリプトファンなどがありますが

手軽に摂り入れることはできないのでしょうか。

 

探してみたところ全ての成分が入っている

ピッタリな飲み物を見つけました。

 

よければこちらの記事で紹介しているので

チェックしてみてください。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

自律神経を整えるサプリ

自律神経を整えるための成分を

手軽にサプリで摂り入れたい

という人もいるでしょう。

 

しかし、自律神経を整えるためには

どのサプリを選べばいいのでしょうか。

 

そんな人のために

おすすめのサプリを選んでみました。

 

ぜひチェックしてみてください!

 

✓リンク
この記事を書いた人
先天性 赤ら顔 20代 男
赤羅 未弦

10年以上赤ら顔について調べ続けた
経験を基に記事を書いています。

ニキビ、顔のほてり・のぼせは
ありがたいことにほぼ完治。

顔の皮膚の薄さによる赤ら顔も
大幅な改善に成功しています。

赤羅 未弦をフォローする
肌知識
スポンサーリンク
赤羅 未弦をフォローする
akaragao blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました