【解説】男性のホルモンバランスを整えるには|肌荒れ・ニキビ

スポンサーリンク

ホルモンバランスを整えるには

どうすればいいの?

こんな疑問に答えます。

 

この記事で分かること

・ホルモンバランスの乱れとは

・ホルモンバランスを整える6つの方法

・肌トラブルを防ぐために意識したいこと

 

この記事では

「ホルモンバランスを整えるための方法」を始め

肌トラブルを防ぐために行いたいことについて

解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

ホルモンバランスの乱れとは

私たちの体には、男性ホルモンのテストステロンや

女性ホルモンのエストロゲンなどの

体内ホルモンが男女関係なく存在しています。

 

一般的に言うホルモンバランスの乱れとは

女性ホルモンの分泌量の減少や

男性ホルモンの過剰分泌などにより

本来のバランスのとれた状態が

崩れてしまった状態のことです。

 

では、ホルモンバランスを整えるには

どのようなことをすればいいのでしょうか。

 

ホルモンバランスを整える6つの方法

ホルモンバランスが崩れてしまう

主な原因の1つに自律神経の乱れがあります。

 

そのため、ホルモンバランスを整えるには

自律神経を整えることも大切です。

 

では、自律神経の整え方も含め

ホルモンバランスを整えるためにできることを

6つほど紹介します。

 

ストレスを解消する

ストレスというのは

自分も気付かない内に溜まっていくもの。

 

しかし、ストレスが溜まってくると、

自律神経のバランスも乱れやすくなります。
そのため、普段からストレスを解消するための

行動を意識しましょう。

 

でも何をすればいいの…?

難しく考えずに好きなことをしましょう。

 

ストレスの解消法は人それぞれで

決まった形はありません。

 

スポーツ、ゲーム、釣り、読書などの趣味を楽しむ

のも良いですし、美味しい物を食べる、単純に眠る

のが好きなら、それでも良いのです。

 

まずは、自分にとっての好きなこと、

ストレス解消になることを考えてみましょう。

 

✓関連記事

 

食生活を見直す

タバコやカフェイン、アルコールは自律神経の乱れ

につながるため、なるべく控えるようにしましょう

 

また、肌のことを考えるのなら

糖質や脂質の摂取も控えめにして

バランスの良い食事を心がけましょう。

 

バランスの良い食事とは、主食(ごはん・パン・麺)

主菜(肉・魚・卵)副菜(野菜・きのこ・海藻)

などが揃った食事のこと。

 

主食・主菜・副菜を基本とし、食物繊維が豊富な

緑黄色野菜やビタミンB2やB6、ビタミンCを

含む食材も積極的に摂取しましょう。

 

筆者
筆者

栄養バランスだけでなく

食べ過ぎにも気を付けましょう。

 

✓関連記事

 

ビタミンを摂取する

ビタミンB群やビタミンCには

抗ストレス作用があり

ストレスに対する抵抗力を高めてくれます。

 

また、自律神経を整える効果もあるため

積極的に摂り入れると良いでしょう。

 

筆者
筆者

サプリメントで取り入れるのも

1つの方法です。

 

私のおすすめはコレ。

 

漢方薬を摂り入れる

漢方薬には即効性はありませんが

副作用も少なく、安心して服用できる

という利点があります。

 

また、人間が元々持っている回復力を高め

身体を整えていってくれるため

症状の根本的解決を目指せるのも良いところ。

 

おすすめの漢方薬については

こちらの記事で解説しています。

 

適度な運動

体や肌の調子を整えるためには

適度な運動は必須と言えるでしょう。

 

ただ、「あんまり運動したくない…。」

という人もいるでしょう。

 

そんな人におすすめなのがコレ。

知ってる!って方も多いんじゃないでしょうか?

別にももクロファンってわけじゃないんですけど

やはり映像を見ながら、というのは続けやすいです

 

「DVD67分付き」と書いてありますが、半分は

やり方の解説なので、全部やっても大体30分です

 

それに、今日はお腹回りだけ。今日は美脚。など

やりたいところだけやれば、もっと短いです。

 

筆者
筆者

そんなやり方でも十分な

効果があるのでおすすめですよ!

 

✓関連記事

 

十分な睡眠をとる

睡眠不足は、自律神経の乱れの原因になり

ホルモンバランスが崩れる原因になってしまいます

 

最も良いのは、毎日決まった時間に寝て

決まった時間に起きること。

 

どっちもは難しい!という人は、起きる時間だけで

も、毎日決まった時間に起きる習慣をつけましょう

 

✓関連記事

 

肌トラブルを防ぐために意識したいこと

自律神経を整えるのに合わせて、肌トラブルを

防ぐために意識したいことが4つあります。

 

優しく洗顔する

余分な皮脂や角質などを取り除くことで

肌の水分量と皮脂量を適度に保てるため

肌トラブルの予防・改善につながります。

 

でも、ただ洗顔すればいいというわけではなく

肌への刺激をなるべく抑えることが大切です。

 

洗顔する時のポイント!

・洗顔は1日2回まで

・洗顔料を十分に泡立てる

・手で洗うというより、泡で洗うように意識する

・常温の水もしくはぬるま湯で洗い流す

・顔を押さえるようにして水分を拭き取る

・洗顔後はすぐに保湿する

 

肌を常に清潔にしようと

何度も洗顔をしたくなる人もいるかと思います。

 

しかし、洗顔のし過ぎは肌の乾燥につながり

乾燥した肌を守ろうと、皮脂が大量に分泌される

ため、何度も洗顔するのはやめましょう。

 

ただ、ニキビ肌の方などの脂性肌タイプの人は

1日1回ではニキビ肌の改善にはつながりにくい。

と医師の方もおっしゃっていたので

洗顔は朝と夜の2回行うのがベストと言えます。

 

ちなみに、洗顔をするときは、たっぷりの泡で

肌に刺激を与えないように洗うのがポイント。

 

手で洗うというより、泡で洗うという

イメージで、優しく洗顔しましょう。

 

洗い終わったら、常温または

少しぬるめのお湯で優しくすすぎます。

 

最後に清潔なタオルでゴシゴシと拭くのではなく

顔を押さえるようにして、水分を拭き取ります。

 

筆者
筆者

泡立ちの良い洗顔料を選ぶのも

1つのポイントになります。

 

しっかりと保湿をする

脂性肌の方は、皮脂の過剰分泌が原因であることから

保湿は必要ないと考える人もいるかもしれません。

 

しかし、洗顔後の肌は

とても乾燥しやすい状態になっています。

 

そのまま何もケアをしないと

肌が乾燥してしまい、さらに皮脂の分泌を

増やすことになってしまいます。

 

そのため、どの肌質の方も洗顔後には化粧水、乳液

クリームなどを使い、しっかり保湿をして

水分と油分のバランスを整えてあげましょう。

 

筆者
筆者

油分が気になる人は

膜を張るように薄っすらと

クリームを付けましょう。

 

✓関連記事

 

クレンジングの見直し

最近では、徐々に男性でもBBクリームなどを

使っている人も増えているようです。

 

しかしその場合は、クレンジング剤にも

気を付ける必要が出てきます。

 

クレンジング剤は合成界面活性剤ごうせいかいめんかっせいざいというものが多い

ほど洗浄力が強く、肌を守ってくれている

必要な皮脂も一緒に洗い落としてしまうことも。

 

ただ、合成界面活性剤は、「合成界面活性剤」とは

表記されてないことが多く

よく分からない名称で表記してあることが多いです。

 

そのため、成分表に無添加合成界面活性剤フリー

などと表記してあるものを使うようにしましょう。

 

また、洗浄力が強い場合が多い

オイルクレンジング剤は極力使わないようにしましょう。

 

ミルクタイプのクレンジング剤が肌に優しいため

おすすめですが、その分、洗浄力も弱くなるので

できれば、濃いメイクは控えるように。

 

✓関連記事

 

こまめにカミソリの刃を換える

ヒゲを剃る時のカミソリ負けも侮れないものです。

 

使い古しの刃をいつまでも使い続けていると

肌荒れの原因になってしまいます。

 

最悪の場合には、肌荒れで済まずに

更なる炎症を招くことも。

 

注意して使用しながら、定期的に新しい刃に

換えるように心掛けましょう。

 

まとめ

ホルモンバランスを整えるには

普段から意識して生活する必要があります。

 

1つずつでも、習慣になるように

まず始めることが大切なことだと考えます。

 

筆者
筆者

今日から始めてみましょう!

 

 

 

 

 

 

【簡単に解説】自律神経の乱れとは

よく「自律神経の乱れ」という言葉を耳にしますが

自律神経の乱れとはどういう状態なのでしょうか。

 

よく分からないままでは対策のしようもないので

しっかりと理解しておきましょう。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

【簡単に解説】交感神経とは

自律神経には交感神経こうかんしんけい

副交感神経ふくこうかんしんけいの2つがあります。

 

では、交感神経にはどんな働きがあり

どんな時に活発に働くのでしょうか。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

【簡単に解説】副交感神経とは

身体がリラックスするために

重要な副交感神経ふくこうかんしんけいですが

どのようなことを意識することで

働きを良くすることができるのでしょうか。

 

知っておくことで

より健康に過ごせるようになるかもしれません。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

簡単に自律神経を整えることのできる飲み物

自律神経を整えてくれる成分には

GABAやビタミンB6

トリプトファンなどがありますが

手軽に摂り入れることはできないのでしょうか。

 

探してみたところ全ての成分が入っている

ピッタリな飲み物を見つけました。

 

よければこちらの記事で紹介しているので

チェックしてみてください。

 

✓リンク

 

 

 

 

 

自律神経を整えるサプリ

自律神経を整えるための成分を

手軽にサプリで摂り入れたい

という人もいるでしょう。

 

しかし、自律神経を整えるためには

どのサプリを選べばいいのでしょうか。

 

そんな人のために

おすすめのサプリを選んでみました。

 

ぜひチェックしてみてください!

 

✓リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました